髪の毛の抜ける量が増えてきたら、すぐに育毛について考えるべきではないでしょうか – かなりの勢いで増水していた裏の川も、雨と風が収まった夜半にはもう引き始めていた模様だ
 

髪の毛の抜ける量が増えてきたら、すぐに育毛について考えるべきではないでしょうか

| Posted in 未分類

髪の毛の抜ける量が増えてきたら、すぐに育毛について考えるべきではないでしょうか。

育毛を怠っていると、薄毛に悩むときが訪れるでしょう。

まず、毛が抜けるその原因から、改善をはかってください。

毎日の食生活や睡眠不足、髪の手入れ方法の間違い、ストレス、喫煙、飲酒など、様々な原因で抜け毛が進行し、健康な髪が生えにくくなります。

可能性としてはAGAもありえます。

育毛剤は男性をターゲットにしていると思われがちですが、実は女性専用の商品も売られています。

男性と女性では薄毛になる仕組みが実は違うので、男女両方で使用できる汎用の育毛剤を使うよりも女性の髪に合った商品を使われた方が育毛剤の効果を十分に発揮できるものと思われます。

ですが、当たり前のことながら男女どちらでも使える商品を使って育毛効果が現れる人もいるため、その商品が自分に合う、合わないといったことにもよります。

最近、ちょっと髪が抜けすぎかもと悩みはじめたら出来る限り早く育毛剤で対処することが大切です。

近年、薄毛を医療機関で治療する人が、増加傾向にあるようですが、医師に勧められた育毛剤や、薄毛治療の施術費用は、はたして医療費控除の対象となるか、不安な方も多いのではないでしょうか。

控除の対象と認められる可能性はがないとは言いませんが、ほとんどの場合、対象外とされるようです。

しかしながら、100%認められないとは言い切れないため、治療にかかった費用の領収書などは保管しておき、申請をしてみると、上手くすれば控除の対象として認められるかもしれません。

自分でも気がつくほど抜け毛が多くなったといっても、それがAGAによるものなのかどうかは判りません。

間違えられやすいのですが、一時的に、だいたい季節が変わる頃に毛髪がいつもより多く抜けるのは珍しいことではありません。

だいたい暑い時期から涼しくなる秋頃にいわゆる「秋の抜け毛」が増えるようです。

ほかにも成人だと通常、一年を通じてだいたい数十から100本もの毛が一日のうちに抜けます。

原因がAGAの薄毛の場合、ありきたりの育毛剤では効果が薄いでしょう。

AGAに効果のある成分配合の育毛剤を使用するか、専門機関でAGAの治療を受けることが望ましいです。

男性型脱毛症は、手遅れになる前に対策を取らないと、薄毛の進行は止まらないので、くよくよ悩んでいないで対策を取るようにしましょう。

ヘアワックスやスプレーなどの整髪料には髪を整えやすくするよう界面活性剤の入ったものが少なくありません。

これは髪や地肌の主要な成分であるコラーゲンを損なうため、日常的に使う量が多かったり洗い残しがあったりすれば抜け毛を増やすことになります。

もしAGAの治療を行うのであれば、このようなマイナス要因はなるべく排除したいものです。

整髪料を購入するときは配合成分に気をつけ、スタイリングの際は必要な量だけをとり、毛の根元や頭皮に付着して毛穴を塞ぐことがないよう注意してください。

たくさんの方が使っている育毛剤のBUBUKAは、ミノキシジルと同じで育毛効果が実証されており、モニターの9割以上が育毛効果が得られています。

さらに、副作用が起きやすいミノキシジルのようなデメリットが無いため、使用にあたっては安心して使い続けることができます。

鉱物油、合成ポリマー、パラベンのような添加物を使用しておらず、より効果が期待できる医薬部外品認可も受けているのです。

髪の毛が抜けないようにし、丈夫な髪の毛を増やすために、健康補充食品を好んで使う方が少ないとはいえません。

毎日、健康な髪の毛を育てる効果のあるものを摂取するのには苦労しますが、確かにサプリメントでは、楽に身体に吸収することが可能です。

身体に必要な物質が足りないと、髪が減りますし、髪の毛が成長しません。

身体の内側か髪の毛を健康にすることも重要です。

数年前のことですが、毛髪クリニックとして有名なリーブ21がウーロン茶の成分に育毛効果を見込めるという研究結果をまとめました。

具体的には、男性ホルモンが薄毛の原因であるDHTに変わるのに必要な酵素の働きを、ウーロン茶の成分が抑えることで、男性型脱毛症(AGA)タイプの薄毛改善に効果が見込めると発表したのです。

ですが、そのままウーロン茶を経口摂取すればよいという話ではありませんから、勘違いしないようにしましょう。

がんばって育毛剤を使ったりクリニックに通ったりというケアをするにしても、そもそも髪の毛の大元にある身体の健康状態が良くないと効果が出るものも出なくなります。

つまり、血行が良くなるような体質そのものの改善が求められます。

運動不足や睡眠不足の状態から脱する、手軽だからとシャワーのみで終わりにしないでお湯に入る時間をしっかり持つ、喫煙習慣があるならそれを控える等でだんだんと体質が好転していきます。

体内に残存している老廃物が増えると、新陳代謝の低下を招きます。

AGAの症状を悪化させる恐れのあることは、できれば避けたいものです。

そういった状態を解消するにはデトックス(毒出し)を行い、体全体の代謝を回復させるという手があります。

体外へ老廃物を効率良く出すとしたら、水を媒介にして、汗として排出するのが最も良い方法です。

体を動かすのが理想的ですが、汗だけで考えれば、岩盤浴、サウナ、半身浴など方法は様々です。

脱水状態にならないよう水分をとりながら汗を流してください。

いちいち病院でAGAの薬の処方を受けるのではなしに、もっと割安な価格入手するには、自分で海外から個人輸入で買うというやりかたもあります。

クリニックだと診療費に加え処方箋代がかかりますが、それを省くことができるので比較的安価に購入できるという利点があります。

ただし日本語は使えません。

もし海外に注文するのは敷居が高いと思うのであれば、個人輸入代行サービスを提供する会社がたくさんありますし、それらを使うのもありでしょう。

肺がんのリスクを高めるタバコですが、これは薄毛のリスクを高めるとも言われます。

ニコチンはタバコに含まれる成分ですが、ニコチンには体の血管を収縮させる作用が知られています。

血行が悪くなれば高血圧になりますから、どうしても頭皮の血行も悪くなってしまいます。

こうなると毛母細胞(毛髪の素になる細胞)に十分な栄養がいかず、働きが弱まってしまうため、育毛が上手くいかなくなります。

育毛治療中には、タバコを止めるようにしてください。

男性型脱毛症の検査はAGA専門のクリニックはもちろん一般の皮膚科医院でも行っています。

AGA検査キットなどを購入すれば自分で検査ができてしまうので病院での診察代は浮くものの、医者での検査と比べて価格的にかなり安いのですから、詳細な情報までもがわかるわけではありません。

将来のAGA発症予測や抗男性ホルモン薬の有効性についてはわかりますが、AGAを発症しているのかそうでないのかを判断することは不可能です。

精度の高い検査を受けたい場合は専門医か皮膚科に行って検査してもらうしかありません。

みなさんもご存知の通り、育毛効果が期待される成分には多くの種類があります。

具体例を挙げると、白薬子というエキスは毛母細胞を活性化しますし、頭皮を含めた体内の血行不良の改善に効果があるニンジンエキス、または殺菌効果があり頭皮の環境改善に期待できるヒノキチオールといった成分があります。

育毛治療薬に限らず、医薬品や医薬部外品に指定された薬は法律によって、配合されている成分をパッケージに記載するという義務がありますから、前もって使われている成分を知る事ができるでしょう。

ただ、化粧品に分類される育毛薬については全ての成分を公開する義務がありません。

アメリカではFDA認可が出されているように、各国で低出力レーザーの育毛効果が評価されています。

体の細胞の活動を促進したり血液の流れを良くするのに役立ち、育毛だけでなく他の治療においても実績があります。

国内のクリニックでも導入が珍しくなくなってきましたし、威力が業務用より抑えてある家庭用低出力レーザー育毛器も商品化されているのです。

毛穴から産毛が生えてきたら、治療の成果が現れてきたと言えます。

毛母細胞と呼ばれる、毛髪を頭皮に繋ぎとめる細胞がきちんと働いているのなら、生え始めた産毛は、そのまま豊かでハリのある髪の毛へと変わっていきます。

けれども、まだ毛母細胞の活性化が不十分な場合は、残念ですが産毛は育たず抜けてしまうでしょう。

産毛が生えてきた段階で治療は成功したと思い込んでしまうと、悲しい思いをするかもしれません。

頭皮マッサージが育毛に良いとよく聞きますが、本当のところはどうなのでしょうか?これは事実なので実践するのが望ましいです。

マッサージをすることによって固くなった頭皮のコリをほぐすことによって、血のめぐりを良くすることが可能です。

血の流れがスムーズになれば満足な栄養を頭皮に送ることが可能になり、新しい髪が生えやすい頭皮を整えることを可能にするのです。

清潔にしようとがんばって行っている洗髪が抜け毛の要因であるケースも少なくありませんので、湯シャンの実践が良い結果を出してくれ、育毛がうまくいき始めるかもしれません。

まずはじめにブラッシングを行います。

それから頭全体をぬるま湯で流し洗いしますが、ゴシゴシ力を込めて洗わないで、お湯を当てて、毛穴を広げて洗うような感覚で、汚れを地道に落としていこうとするのが湯シャンの大事な点と言えるでしょう。

シャンプーやリンスを全く使用しないと、汚れが落ちるのが気になりますが、お湯の洗浄力は意外に強く、皮脂を洗い落としすぎないようにお湯の温度はぬるく感じるくらいにしておきます。

湯シャン後、クエン酸やお酢などを薄めて作った、リンス代わりになる液体を髪になじませるようにすると、髪のキシキシ感が改善されますので、おすすめです。

あらゆる頭皮ケアを試すよりも、何もケアしない方が育毛にはむしろ良いのではないかと提唱する人もいます。

頭皮ケアとして特別なことを行わなくても、日常的なシャンプーの仕方を見直してみるだけで頭皮の状態が良くなることもあるためです。

人工的に合成した界面活性剤を一切使わない自然由来のシャンプーを使ったり、湯シャンというお湯のみですすぐ方法を取り入れた方が良いと推奨する声もあります。

昔からいわれている、コレを食べると毛が生えてくるというものは数々ありますが、納豆は昔から毛を増やし、太くするのにいいとされています。

納豆は男性ホルモンが過剰に働くのを抑える大豆イソフラボンが豊富な食べ物ですし、様々な酵素、たとえばナットウキナーゼが血液サラサラ効果があります。

唐辛子には納豆の成分を引き立てるカプサイシンが豊富に含まれています。

キムチなどの食材と一緒に食ベていくようにすることで、毎日食べるのもおっくうにならず、毎日食べることが苦にならないでしょう。

手にある3箇所のツボをマッサージすると、育毛に良い効果が得られるそうです。

手をマッサージするときは、ツボ1点ごとに、じんわりと時間をかけて行いましょう。

早く押すより効果がありますし、落ち着きのある動作が品良く見せてくれます。

いかにも「健康、ツボ押し中」のようには見えませんから、これなら、いつでもどこでも、続けやすいでしょう。

余談ですが、禁煙していて吸いたくなったときに手のツボ押しをすると、気分がリセットできて良いようです。

育毛のために禁煙した方には特に役立つかもしれません。

ツボの位置はてのひらに集中しています。

親指の付け根付近にある「脱毛点」を刺激するのが良いのですが、痛いと感じる人もいるようですので、最初はソフトに押しましょう。

掌の中央(くぼんだあたり)にある労宮は、すぐわかると思いますので、押してみてください。

中指の第一関節(指先側から一番目の関節)のシワ付近にあるツボは内臓の働きを良くして体の代謝を促します。

あわせて揉むことで、抜け毛を改善し、健康的な毛髪の育成に役立つでしょう。

育毛に効く手のツボは2か所であるとも言われますし、わかる人であれば目的を絞って数か所を押すと良いとも言われており、一度興味を持つと、面白いもののようです。

押したからといって翌朝の抜け毛が減るわけではありませんが、長期的な効果が期待できます。

しかし、ツボ押し以外の育毛も併用しながら行うほうが良いでしょう。

薄毛対策を考えている人たちの中で、いまエビオス錠という薬が話題になっています。

というのも、その薬に育毛効果があるのではとちまたで噂になっています。

胃腸薬として販売されているエビオス錠ですが、ビール酵母がたくさん含まれています。

髪の栄養として大切なアミノ酸やミネラルなどが豊富に詰まっていて、例えば、原因として栄養面での問題にある時は、薄毛対策に良いのかもしれません。

どうにか薄毛を改善したいと思う時に気になるのが、髪、皮の状態を清潔に保つことだったり、食事や健康維持など、生活習慣についてがほとんどでしょう。

言うまでもなく、それらは大切なことですが、実を言うと、寝方の髪の毛に影響を及ぼします。

例えば、仰向けに寝る場合、左右均等を意識することで、頭への血の流れが偏らないのです。

また、横を向いて寝る場合だったら、肝臓を意識して、内臓をその重さから保護する目的で右向きで、寝返りしやすい低めの枕を使ってください。

薄毛治療を受け付けているクリニックの中には、育毛はもちろん、発毛にもメリットのある成分を口からではなく点滴を使って直に体内まで届けるという治療法を採用している所もあります。

発毛成分と共にビタミンなども取り入れる事ができ、効果として頭皮の活性化やストレス解消なども有望です。

点滴に限らないで、他にも治療を同時進行すれば効き目が増すはずです。

入浴をシャワーだけで終了させるよりも、じっくり湯船で温まる方が育毛には効果があるのです。

入浴のための時間をしっかり確保できる日には、ぬるめのお湯で半身浴を30分程度すると血液の巡りが良くなって、育毛に効きます。

半身浴をしている間に同時に頭皮マッサージをすることでより育毛促進効果が上がるのです。

それに、洗髪するときは、お湯で念入りに洗髪前に頭皮の皮脂を落としてあげることも頭皮環境改善や育毛にとっては大切なことなのですね。

頭皮に直に塗る育毛剤よりも、内服薬は効き目を実感できる人が多いとされているものの、副作用に悩まされるリスクも増してしまいます。

飲む育毛剤の副作用の例を挙げると、頭痛とかめまい、吐き気、胃部不快感など体の異常があるとされています。

さらには、内服するタイプの育毛剤であっても頭皮に炎症・かゆみが生じることもあると言われています。

このような副作用が起きた時は、使用を続けないほうがよいでしょう。

もともとAGAの治療というのは公的医療保険の対象外ですので、AGA専門医でも一般の皮膚科でも費用は変わらず、支払いは全額を自己負担しなければなりません。

いまの日本ではAGA治療というのは痩身や美容整形と同じような分類で、生命や直接的な生活の不便に関わるものではないという考え方が根底にあります。

そこを何とかコストダウンを図りたいというのであれば、後発医薬品を活用したり、家族や自分のほかの医療費と合わせて確定申告の医療費控除として申告するなど、工夫すればかなり節約できます。

きな粉の原料は大豆です。

大豆の中には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが多く含まれているので、過剰な男性ホルモンの分泌を抑えて、育毛効果が期待できるそうです。

全ての大豆製品にはイソフラボンが含まれていますが、大豆を粉にしたきな粉は消化吸収能力に優れ、効率的にイソフラボンを摂取することが可能です。

そのままでは食べにくいですが、牛乳や豆乳に混ぜると、すぐにできて味も美味しくなります。

コラーゲンという成分を聞いたことがありますか?肌のハリツヤを良くするということで女性からの人気が高いのですが、意外にも、育毛にも効果を発揮するのです。

皮膚の真皮層は成分の70%近くがコラーゲンから成っているため、不足すると肌のハリが衰えてしまいます。

肌と地続きの頭皮も同じリスクがあるといえます。

コラーゲンが頭皮に十分あってハリがある場合は、細胞の新陳代謝が活発に行われるようになるので、元気な髪の毛が成長することに繋がります。